出かける先はいつも大体おなじです。

目的地までの道順もいつも同じ。

 

いつも通る道から見えるところに

以前から気になる場所がありました。

この先はどうなっているんだろう? と。

 

どうなっているのかを知るために

行ってみることにしました。

img_20170407_02

 

地形的に考えて、大体の見当はついていました。

でも、

想像することと実際に見ることは全く別物。

 

その場所は想像以上の景色でした。

img_20170407_03img_20170407_04

img_20170407_05img_20170407_06

 

息抜きには最適なすばらしい場所でした。

枯れススキの壁があったり

img_20170407_07

アスファルトの隙間から出てきた植物をみつけたり

img_20170407_11

警戒心のないスズメの家族を目撃したり

img_20170407_10

新芽を見て春を感じたり

img_20170407_08img_20170407_09

img_20170407_12img_20170407_13

踏みならした道を歩いたのは何十年ぶりだろう。。。

img_20170407_14

 

知らない道を歩いていくと公園もありました。

そこにキレイな桜の木も。

 

img_20170407_15_0

 

 

 

こんな場所があったなんて、知らなかったんです。

でも、今日知りました。

 

同じような景色を見たことのあっても、

その当時の実感そのものは忘れてしまっていて、

それを思い出すこともできました。

 

この場所に来たことで、

また来たいと思える場所が1つ増えました。

やっぱり想像したり思っていたりするだけじゃなく

 

実際にやってみるということが大事なんだな。

 

と、感じました。

 

またこの場所に来よう。