img_20170722

法律的なボーダーライン等は必要ですが、、

日本人の気質なのか、分類するのが好きですよね。

人と接するときに、年齢(年代)とか性別とか血液型とかを分類する。

「あの人はこういう人だ」という枠にはめたがるんですね。

 

同じ目的で集まったのなら、

「その場に集まった人」「その場に集まらなかった人」という分類もできるわけで

そういう見方になったら、妙に細かいことにとらわれなくなって

肩の力が抜けると思います。

 

力が抜けたら、考え方も変わって

それまでとは違う新しい発見があります。きっと◎