img_20171227

以前こんな記事を書きました。

⇒ メールの適切な使い方 ~本来の業務に集中しよう~

 

この対策を実施したとしても、メールが大量の人もいるでしょう。

特に管理職の人ですね。

いろんな報告や連絡がメールで届くでしょう。

その中に、自分宛で届く宛先がTOのものと、宛先がCCのものがありますよね?

 

このCCのメール内容、読んでますか?

これ、、読んでない人がとても多いです。

 

CCだからTOの人が読んでるし対応してるから読まなくてもいいよね。

という心理から、結果的に読まない。

でも送信者はそのメールの共有を求めています。そのためのCC。

だから読まないというのはNG。

何かあったときに、報告を受けていたのに「知らなかった」では通りません。

限られている時間の中で、

全てのメールを隅から隅まで読み込むことは現実的ではありません。

 

だったらどうすれば良いのか?

 

① 無駄に届くメールを減らす

 ⇒ 必要のない内容のものは送らないように周知徹底。

② 確認時間の短縮

 ⇒ 要点だけを読む

 

この2つで業務の効率化・適正化ができます。

早速、年明けから実行しましょう!^^◎