以前、勤めていた会社で、

毎日残業していました。

帰りのバスがなくなる時間が過ぎるのはいつものことで

終電時間が迫ってきてやっとキリをつけるような感じでした。

 

早く帰れたある日、

自宅に着いて時計を見たら22:00でした。

その時、私は、

 

「まだ22:00!!寝るまで何しようかな!?」

 

と声に出して言っていました。

そして気づきます。

 

「まだ22:00」と言った自分に。

 

 

定時で退社できれば、

帰宅後、お風呂に入って

夕食も済んで、

少しくつろいでいてもいい時間帯でしょう。

 

でも、その時の私は

「まだ22:00」

だと思ったのです。

 

 

毎日同じ行動を続けていると、

それが日常化します。

良いことも、悪いことも、慣れてしまいます。

 

私はその「慣れ」の結果、

過労で倒れました。

働き過ぎていることに慣れてしまっていたんです。

 

「残業はいつものこと」

「仕事が終わらないんだから帰れない」

と言っている、働き過ぎな人たちへ。

 

体を壊しても、

PCみたいにボタン一つで再起動できません。

働くために生きるのはやめて、

生きるために働きましょう

体に優しい日常に戻りましょう◎