img_20170623

目の前に「壁」があります。

昔は、その壁がものすごく高くて、

真っ黒で、分厚くて、びくともしませんでした。

 

いろんな出来事があり、その壁がだんだん低くなって、

真っ黒だったのが透けてきて、

いまは向こう側が見えるくらい透きとおっています。

でもまだ目の前にあります。

透明な「壁」が。

 

その「壁」を越えるか、壊すか、すり抜ける(!)か、、

どうにかして向こう側に行きたいのです。

そうです、「たい」です。

 

方法はわかっているので、

するかしないかだけの話しです。

私がここで書く記事でもよく言っていることですね。

 

誰かにしてもらうことじゃなく

自分しかできないことです。

向こう側へたどり着いたら、ご報告しますね◎