img_20170828

組織は従業員一人一人から成り立っています。

体に例えるなら

脳や内臓の役割の人、

血液、筋肉、皮膚、頭、腕、足、指、爪、、、。

 

/////

 

爪。

生命力を維持する機能としては、

脳や心臓ほど重要ではありません。

でも例えば、、、

手の小指の爪が突然剥がれたら・・・?

想像しただけで痛すぎます( ⊙_⊙)

 

爪は指先を守っていますが

普段はその状態が当たり前になっているので、

怪我をしたときに初めてその役割に気づきます。

 

この爪のような役割をしている人が、

会社の中にも存在します。

 

休むこともめったになく、

いつも淡々と仕事をこなしてくれる人。

そんな人が突然休まなければならなくなったとき、

管理体制がどの程度なのか、実態が明らかになります。

 

いなくなって初めて

どんな業務を担当していたのかを知る。

 

よくある話ですが、

本来は「よくある話」になってはならないことですよね。

 

普段から従業員一人一人が

どんな仕事をどういう手順でしているのかを把握する。

 

一見、簡単そうですが、

これができている会社はとても少ないです。

特に一人にまかせっきりにしていた場合、

突然いなくなったときに困り果ててしまいます。

 

そんなことにならないようにするには、

業務掌握

が不可欠です。

 

少しずつでも良いので管理体制強化として

「業務掌握」を取り入れることをオススメします◎