img_20170924

会社に勤めている会社員の多くは、

就業時間というものがあり、その時間内は拘束されています。

(もちろんお昼休みは別ですが)

 

私が起業した理由は、様々な理由がありますが、

その中のひとつは

時間のコントロール

でした。

 

いろんな職種がある中、

出勤しなければできない仕事 と 在宅でもできる仕事

の2つがあります。

 

私はこの使い分けを以前から強くオススメしています。

その記事がこちら。

→ 「在宅勤務のススメ ~快適な労働環境で能率UP!~」

 

集中力は長時間継続できるものではありません。

なので、システム開発などの集中して行うような業務は特に在宅に向いています。

その人材の能力を充分に活かすことができれば、効率UPに直結します。

img_20170924.2

期末や年に1度の査定時など、どこかのタイミングで

労働環境・労働条件の見直しをしましょう◎