img_20171117

何かと何かを関連付けるためには、共通の情報が必要。

一番身近なのは「名前」です。

例えば、自分の名前。

子供の頃、自分の持ち物には名前が書いてありましたよね。

そのおかげで学校でなくしたり落としたりした時に

誰のものかすぐわかりました。

 

この「名前をつける」という方法は何にでも適用できます。

2年前から始まった「マイナンバー」もそうですね。

一人一人に番号が与えられて、その人のいろんな情報を国が把握する。

 

管理業務も同じ。

例えば、社員を管理するのに「社員番号」があります。

書類を管理したい時は「書類番号」があります。

 

他と区別するためのものなので、

これらの「名前」や「番号」はユニークでなければなりません。

 

ユニークコードがあれば、

どんなに複雑で大量の情報でも管理が容易になる!

 

面倒くさかった書類管理も、カンタン楽ちんになります^^◎