年に数回、LIVEやコンサートを鑑賞します。

単純に好きだから観に行くのですが、、

観おわった後はいつも、興奮冷めやらず。

 

何がそうさせるのか?

音源(CDやmp3など)を部屋やヘッドホンで聴くのとはわけがちがいます。

 

目の前に、同じ空間に、「本物」があり
それを「経験」するからです。

 

 

これは、どんなことに対しても同じことが言えます。

仕事も人から聞くより自分でやってみた方が早く覚えます。

道も人に連れられて行ったお店は2回目にすんなり行けないでしょう。

 

そして会話もそうです。

インターネットが全世界に普及している時代。

メール、チャット、IP電話、WEB通話 などなど…

連絡手段はいくらでもあります。

簡単な連絡はこのような手段で済ませても問題ありません。

 

では、大切な話をしたいときはどうでしょう?

 

必ず対面で行い、
相手を目の前にして、
削除や上書きができない、自分の言葉でしっかり伝える。 

話をしたときの相手の反応を、その場の空気を、
自分自身の生身の体で感じ、会話をする。

 

人と人がいてはじめて成り立つことの方が多い世の中。

だからこそ、これは本当に大切なことなのです。

 

上司から「今度のプレゼン期待してるぞ、がんばれよ」

と言ってもらいました。

さて、メールと対面、どちらの方がが嬉しいですか?

はいそうです、対面ですよね。

 

経営者のみなさん、

上司のみなさん、

従業員のみなさん、

対面での会話、していますか?