鉛筆画を選んだ理由

 

絵にはいろんな種類があります。

水彩画、油絵、水墨画、色鉛筆画などなど。。

でも私はその中でも鉛筆画が大好きです。

理由は2つ。

 

1) 濃淡だけで表現する

2) 消しゴムで消せるので描きなおせる

 

2は、鉛筆画しかできないことです。

私にとっては修正がきくというのはとても魅力的なのです。

そして濃淡だけで表現するという要素も大事です。

色を使え表現方法は広がり、見た目がわかりやすくなります。

逆に言えば簡単にわかりやすく描けてしまうのです。

 

 

好きなことの共通点

 

私は考えることが好きです。

選択肢は少ない方がいろいろ考える必要があります。

考える必要があることに対して、とてもワクワクします。

だから鉛筆画が好きなのです。

 

 

行動>理由

 

いま言った理由は、「なぜ好きになったんだろう?」

と考えた末の答えです。

描き始めた当時は、ただ描きたいという気持ちだけでした。

つまり、行動の方が先なのです。

鉛筆画が好きだから描くのではなく、

もうすでに描いているということは、

その目的を達成したい気持ちが前提にあるからです。

 

何かを決断しようとするとき、

迷っているうちは何かが足りていないのだと思います。

その「何か」が満ち足りた時、

すでに行動しているはずだから。

 

行動したい衝動にかられたとき、

その自分にブレーキをかけず、

まずやってみることが大事なのです◎