img_20170605

どちらを使いますか?

キレイなトイレと、汚いトイレがあります。

どちらを使いますか?

当然、キレイな方ですよね。

 

なぜキレイなのか? なぜ汚いのか?

掃除のタイミングはどちらも同じなのに、

片方はキレイ、片方は汚い。

キレイなトイレはどのようにして保たれているのでしょう?

はい、そうです。

「使う人の心がけ」で保たれているのです。

 

人の物ほど○○

小さいころから

「人の物ほどキレイに大切に扱いなさい」

と教えられてきました。

私はそうでしたが、

世の中には、そうでない人もかなりの割合を占めているようで、、

「自分のものじゃないから汚く使ってもいい」

という考え方が存在するようです。

うーん、これは問題だぞ。

 

なぜ問題なのか?

「自分のものじゃないから汚く使ってもいい」

という考え方がなぜ問題なのでしょう?

それは、とっても簡単なことで他の人が「気分を害するから」です。

 

共有スペースの具体的な場所

トイレ、流し、給湯室、出入口のカウンター、階段。などなど。。。

このようなスペースの使い方を一人一人が心がけることで、

汚れ具合や散らかり具合が格段に違ってきます。

 

意識を変える

総務担当のみなさん!

このような環境美化問題に苦労されていると思いますが、

汚くなる原因は、間取りでもなく、狭さでもありません。

根本原因は「使う側の意識」です。

それが改善できれば、自然にキレイなオフィスへ変わっていきます。

毎日気持ちよく働きたいですよね◎