img_20170618-0a

事務処理をしていて大量に発生するのが「裏紙」です。

コピー機やプリンタ使用時に発生する、ミスプリントですね。

この紙、誰の目にも触れてはいけないような重要書類の場合は

即行でシュレッダー行きですが、

1ページに納めたかったのに2枚になってしまった2枚目とか、

webページを印刷したものとか、地図とか、

見られても大丈夫なものはメモ用紙にしても良いですよね?

 

そういう紙をメモ帳にしているのはよく見かけます。

が、よく見るのはこの形。。。

img_20170618-0b

メモした後、クリップから1枚外すというのが面倒ですよね^^;

 

以前いた職場で、先輩にメモ帳の作り方を教えていただきました。

その方法をもう少し私流にした方法をご紹介します^^

 

 

①用意するもの

  • 裏紙100枚
  • 厚紙(作りたい数だけ用意)
  • 木工用ボンド
  • クリップ(洗濯バサミ)
  • カッター
  • 定規

img_20170618-1

 

 

 

②裏紙と厚紙を切る

裏紙を作りたいメモ帳の大きさに切り分けます。
厚紙は糊付けする部分と同じ幅に切ります。

img_20170618-2

 

 

③裏紙をクリップでとめる・厚紙を折る

裏紙をクリップでとめます。
この時、下と左側の断面を揃えると仕上がりがキレイになります。

厚紙は裏紙の厚さと同じ幅に折ります。

img_20170618-3

 

 

④厚紙を貼り付ける

木工用ボンドで厚紙を上部分に貼り付けます。
デコボコしている部分にも丁寧に塗り込んでください。
これをしないと仕上がった時に、ボンドが付いていない部分が
パラパラと抜け落ちてしまいます。

img_20170618-4

 

 

⑤乾かす

一晩乾かします。

img_20170618-5.1

 

 

⑥1枚目を切り取る

完全に乾いて固まっていることを確認したら、
1枚目をカッターで切り取ります。

img_20170618-6

 

 

⑦完成!!

これで完成です!!

img_20170618-7

 

まとめ

裏紙を再利用したキレイなメモ帳いかがでしたか?

「キレイな」というのがポイントです。

よく使うものですし、見た目が汚いのはテンションが下がるので^^;

簡単に作れますが、時間がある時に10冊とか作ってしまうのをオススメします。

自分用に作るなら、厚紙を自分好みのものにしてみても良いですね◎