img_20170706

何かを覚えるとき、いろんな方法がありますよね。

手っ取り早いのは、ネットで調べる・参考書を買う などですね。

そこが入口にはなりますが、その後はどうしますか?

 

/////

 

ご自分の記憶をひも解いてみてください。

どうですか?

強烈な記憶は経験上のことが多いですよね。

 

なぜ経験したことは覚えているのでしょう?

それはきっと、情報量の多さなのではないかと。

見て、聞いて、触れて、感じて

まさに身をもって経験したことだから

ですよね。

 

さらに強烈な記憶として残っているのは、

自主的に行った経験でしょう。

「知りたい」という気持ちは

知ったときのインパクトを増大させるからです。

 

仕事も同じですよね。

「やってみたい!」という気持ちで教えてもらった仕事はすぐ覚えますし、

楽しくなります。

 

好奇心と経験が合体したとき

その記憶はずっと残ります