img_20170712

「勝ち取る」・・・?

「信頼」とはどういう意味でしょう?

よく、「信頼を勝ち取る」という言い方がありますが、

勝ち負けなんでしょうか?

何に勝ったの? 誰に勝ったの?

これは自分(数字)や上司(成績)に対する言葉ですね。

でも「信頼」って、自分がいて相手がいるから成り立つことですよね。

なので、「勝ち取る」という表現はとても違和感があります。

 

「信頼に値する人」・「信頼関係」

勝ち取るものではないのなら、なんでしょう?

初対面の人を信頼できますか? できませんよね。

では、2回・3回と、会話をすれば信頼できますか?

わかりませんよね。

 

何度も会って、その人との会話の中から、、、

何をどう考えていて、どのような心づもりでいるのか?

それが自分の考えと一致しているのか?

いざというときに心から信じることができて頼れる人なのか?

ということを満たさなければ「信頼に値する人」にはたどりつけません。

そして更に言えば、

自分が信頼していても、相手から信頼されていなければ

「信頼関係」は成り立ちません。

 

 

まとめ

勝ち負けの感覚だけで接しているということは、

その「勝ち」が得られなくなったときに

関係は破綻します。

 

「信頼」とは

 

勝ち取るものではなく、築き上げるもの

 

だと思うのです。

 

信頼があるからこそ人間関係がうまくいきますよね。

これからもたくさんの人と出会い、

たくさん会話し、ゆっくり時間をかけて

「信頼関係」を築き上げていきます◎