img_20180116

上司「○○やっといて。」

部下「? △△のことですか?」

上司「そうだよ。」

 

こんな会話、よく聞きます。

例えば過去の経験では、、、

 

一般的に「経費精算」と呼ばれている処理がありますよね。

でも過去に勤めた会社ごとに呼び方は様々。

「立替精算」「小払い」「現金精算」などなど。

でも同じ社内でAさんとBさんが違う言い方をすることはありませんでした。

 

従業員数が増えていくと組織数も増えます。

人が増えれば呼び方も増える。

好きな名称で呼ぶ人が出てきます。

そういう状態になったときに出てくるのが

「認識の違い」

そのせいで、勘違いが生まれて、ミスにつながることも。

 

だから、、

名称を統一することが一番のミス防止策

です!

会話の中での聞き直し・言い直しもなくなって

スッキリですね◎