img_20170607-2

今日は、知人に紹介され、ある集まりに参加しました。

以前、同じようなコンセプトの別の集まりに参加したことがありますが、

その時は自分の中で腑に落ちずモヤモヤ感が残っていました。

しかし、今回はそれとは全く違うものでした。

 

前回と今回の空気感

前回は「失敗は許されない、失敗したら全否定」と言っても過言ではなく

まさに「勝つか負けるか」というような空気感でした。

しかし、今回は、

「失敗したっていいよね。

 失敗から学ぶこともたくさんあるよね。

 また次にそれを活かせばいいよね。」

というような空気感で、チーム力をとても強く感じました。

 

決定的な違い

「否定」ではなく「肯定」を感じられたことです。

ここで私が考えた法則はこちら。

「否定」=「上書き保存」

「肯定」=「新規保存」

 

「肯定」=「新規保存」はたくさんの選択肢を生む

わかりやすく図にしました。

img_20170607

 

はい。否定からはAが消去され、代わりにBしか生まれません。

更にそのBはあらかじめ用意されたものであることが多いです。

肯定はどうでしょう?

Aがそのまま生かされ、さらに3つのA+αが生まれました。

捨てることより生み出すことの方が難しいのですが

そのプロセスもワクワクしたり楽しかったり、

何より結果的に、より良いものが生まれるということですね。

 

まとめ

上司と部下のやりとりで、

「こんなのダメに決まってるだろ!」 と言うより

「これ良いよね! でもこうすればもっと良いものになるよね!?」

と言う方が良いですよね?

「勝ち負け」ではなく「協力し合う」方が

より良いものを生み出すのです◎