img_20170616

緊急事態発生

あるプロジェクトで、本番当日に不具合が発生してしまいました。

チーム内のある部分を担当していたAさんの処理方法に問題があったようです。

プロジェクトリーダーが放った言葉は、

 

「どうなってんだ!?」

 

Aさんは “怒られた” と思い、萎縮してしまいました。

 

事態の収拾

怒っている場合ではありません。

そうです、リーダーたるもの、事態の収拾をすぐさま図らなければなりません。

そのためには感情的にならず、冷静沈着に、急いで修復をします。確実に。

 

対策を練る

一旦、事態が落ち着いたら、二度と同じことが起きないように

何が原因だったのか?=根本原因を突き止めなければなりません

そのためには何をすれば良いでしょう?

 

引き出す力 ~対策を練るために~

「聞き上手」ではありません。

違う言い方をするならば、「相手の言いたい事を聞き出す力」です。

 

言いたいことがあっても、うまく表現できないことは多々あります。

当人はわかりきっているので、言葉足らずになってしまって誤解が生じることも。

特にAさんのように“怒られた”と思って萎縮してしまった人は、

うまく話すことができなくなりますよね。

 

そういう時に必要なのが「引き出す力

リーダーには欠かせないスキルです。

ゆっくり一つ一つ紐解くようにしていけば、

必ずゴールにたどり着けます。

ゴールにたどり着けたら対策案も簡単にできます!

これで解決ですね◎